FC2ブログ

成功企業事例(鳥取市 従業員数56人)

成功企業事例(鳥取市 従業員数56人)

当社から「人材育成のための人事評価制度をつくってほしい」
との依頼があった。
コンサルタントとして、社員一人ひとりに職務調査インタビュー
を必ず、プロジェクト委員会の初回に行っている。
その目的は、「強み」を発見するためである。
会社の強みは「コア・コンピタンス」
組織の強みは「ケイパビリティ」
個人の強みは「コンピテンシ―」である。

また、インタビューする、もう一つの目的は、
会社の内部の人達には、強みが発見できないからである。
やはり、強みはコンサルタントが教えてあげなければ
分からないのである。

インタビューして、会社・組織・個人の強みを発見できた。
「改善提案を3件、提出した」とか「人時生産性を達成した」
とか、ボンボン経営課題のことが社員の口から出てくる。
なぜだろう。凄い会社だなと感じた。

当社の強みは、
1.17年間続けている班長会議である。経営教育の道場になっている。
2.日々、継続的な改善活動を実行している。
3.課題に対して、締め切りを設定し、必ず実行している。
  経営者の強いリーダーシップである。
4.コミュニケーションが活発である。
  仕事も遊びもよく頑張っている。
5.自主的に草むしりや掃除を行っている。

人事評価制度は、役割達成度と目標達成度のプロセスを
評価する仕組みをつくった。
前年度も、利益が増加した。決算賞与も支給した。
社員一人ひとりが経営者意識をもった優良企業である。
スポンサーサイト



2014-01-01 : 人事コンサルティング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ミッション経営人事制度

「会社の成長」と「社員の成長」を実現する
   ミッション経営人事制度

    ◆経営システム
  
      ①経営理念

      ②経営戦略

      ③経営計画


    ◆育成システム

      ①MBO目標管理

      ②CDSキャリア開発

      ③OJT部下指導


    ◆人事システム

      ①等級制度

      ②評価制度

      ③報酬制度


 これからの10年は、「経営人事コンサルティング」と
 「経営教育の講師」の道を歩んでまいります。

 
      2014年 平成26年 1月1日

                  紀 道



2014-01-01 : 経営教育支援 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

成功企業事例(鳥取市 従業員数56人)

成功企業事例(鳥取市 従業員数56人)

当社から「人材育成のための人事評価制度をつくってほしい」
との依頼があった。
コンサルタントとして、社員一人ひとりに職務調査インタビュー
を必ず、プロジェクト委員会の初回に行っている。
その目的は、「強み」を発見するためである。
会社の強みは「コア・コンピタンス」
組織の強みは「ケイパビリティ」
個人の強みは「コンピテンシ―」である。

また、インタビューする、もう一つの目的は、
会社の内部の人達には、強みが発見できないからである。
やはり、強みはコンサルタントが教えてあげなければ
分からないのである。

インタビューして、分かったことが沢山ある。
「改善提案を3件、提出した」とか「人時生産性を達成した」
とか、ボンボン経営課題のことが社員の口から出てくる。
なぜだろう。凄い会社だなと感じた。

当社の強みは、
1.17年続けている班長会議である。経営の道場になっている。
2.日々、継続的な改善活動を実行している。
3.課題に対して、締め切りを設定し、必ず実行している。
  経営者の強いリーダーシップである。
4.コミュニケーションが活発である。
  仕事も遊びもよく頑張っている。
5.自主的に草むしりや掃除を行っている。

人事評価制度は、役割達成度と目標達成度のプロセスを
評価する仕組みをつくった。
前年度は、利益が増加した。決算賞与も支給した。
社員一人ひとりが経営者意識をもった優良企業である。
2013-12-31 : 人事コンサルティング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

論理的思考法(ロジカルシンキング)

人事考課制度の運用コンサルティング時でのこと。
評価シートの自己評価記入欄に「既存顧客計画は実行したが、
新規顧客開拓は実行できなかった」というような記述が多い。
一つの文章に二つの内容が記述されている人が多い。
このような問題児が多いのが企業の実態である。

コンサルの現場で、分けて考える論理的思考法(ロジカルシンキング)を
指導している。

1.目標達成 → これは強み → 継続実行する → PDSサイクルを回す
  → 目標達成のプロセスをノウハウとして蓄積する。

2.目標未達成 → これは弱み → 問題発見 → 原因追究 →
  → 対応策、改善策を講じる → PDCAサイクルを回す

3.計画しなければならないが、計画実行しなかった →
  → これは空想 → 捨てる


2013-12-28 : 経営教育支援 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

好評 目標面接のコミュニケーション

評価時面接のコミュニケーション技術

クライアント先で、評価時の面接指導を行っている。
評価の満足度は、自己評価をさせることである。
まず、評価時面接の質問項目を検討する。
 1.今期を振返って、すぐれた成果は何ですか?
 2.役割達成度は、いかがですか?
 3.目標達成度は、いかがですか?

この3つの自己評価質問が基本となる。
そして、「あなたのおかげで、チームの目標を達成することが
できた。ありがとう」
と伝えることがなによりも大切である。
存在承認が動機づけになるのである。
最後に、「一次評価者である私の評価は、10点満点です。
この理由は、最後まであきらめず目標達成に向けて努力したからです」
と伝えることである。
評価者は、感情によらず、部下の行動を映す鏡の役割を果たす事が
重要である。
2013-11-30 : 人事コンサルティング : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

ルネサンス

Author:ルネサンス

広島の社会保険労務士
社労士は、労働保険・社会保険手続き・給与計算・就業規則・助成金・人事制度・研修のプロです。
広島駅から徒歩10分
広島の社労士事務所ルネサンス
広島の社会保険労務士はルネサンス

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR